がんに効く!にんじんジュースの作り方 ガン予防・癌治療のためにニンジンジュースを始めたい方

ガンを経験し食生活・生活習慣までを見直しました。にんじんジュースは癌の予防と癌治療の一環として医療の現場でも推進されています。人参ジュースを作るにはスロージューサーが一番効率的に癌に効く成分を人参から取り出す事ができます。なぜスロージューサーでどんな活用方法があるのかレシピを公開したいと思います

ジュースを無理なく毎日続けるには

f:id:poppu:20150828091543j:plain

済陽先生が推進している癌に効くジュースを作るのに
不可欠なジューサーを購入してから毎日ジュースを作っています。

低速ジューサーがあると毎日が簡単にジュースが作れるということで
張り切って、体に良いからといって玉ねぎを入れたり青物野菜を
多くいれたり味が最悪でした。すごく無理して飲んでました。

無理して飲んでいるとやっぱり長続きしません。
後で飲もうとかになるので今回は無理しないで毎日ジュース生活を
送るためのポイントを箇条書きします。

 

飲みやすくするには甘味を加えること

果物を多く入れると甘味がでてともて美味しいジュースになります。
生ジュースなのでどうしても青物のニオイがするのでたとえば
リンゴ・桃・はちみつなどをいれると効果的です

味を爽やかにするには

青野菜入れるときは必ずレモンをいれると酸味と溶け合い
青野菜を食べている感じはしません
その他、オレンジ・グレープフルーツ・みかんなども味を調えます

 

最後にジュースはまとめて1日2回くらい作るのが良いと思います。
1回あたり1リッターで1日2リッターの計算です。

何だかんだで食材を切ったりその都度ジューサーを洗浄するのは
やっぱり面倒です。なるべく回数を減らす工夫が必要ですね

作り置きするときはビンの容器でなるべく空気が入らないように
蓋ぎりぎりまで入れてください。ジュースの量が足りない時は
市販のジュース(果汁ジュース)などをいれてかさまししても
良いですね。とにかく空気と触れ合うことを避け酸化防止してください