がんに効く!にんじんジュースの作り方 ガン予防・癌治療のためにニンジンジュースを始めたい方

ガンを経験し食生活・生活習慣までを見直しました。にんじんジュースは癌の予防と癌治療の一環として医療の現場でも推進されています。人参ジュースを作るにはスロージューサーが一番効率的に癌に効く成分を人参から取り出す事ができます。なぜスロージューサーでどんな活用方法があるのかレシピを公開したいと思います

癌に効くジュースの素材はどれが良い?その1

f:id:poppu:20150828091023j:plain

癌に効くジュースの材料を紹介します
これは済陽式で紹介されている食材と1日の摂取量です。

レモン

1日2個を目安に摂取してください。
レモンは甘味のある果物と合わせると適度な酸味が加わり
さっぱりとしたジュースに仕上がります。

なるべく国産のワックスのかかっていない有機栽培のレモンを
使うことをオススメします

レモンに含まれるビタミンCは強い抗酸化作用があるので
癌の予防にも最適です
血圧やコレステロールの上昇を抑える働きがあります

にんじん

1日2本を目安にして摂取してください
にんじんはジュースにすると意外と甘いです。
これは低速ジューサーを使うからのメリットですね。
にんじんがカリウムを効果的に摂れる食材ですので
癌に効果のあるジュースには欠かすことができません。

にんじんに含まれるカロテンは体内でビタミンAに変化し
免疫力を高めます
にんじんカロテンは肺がんや胃がんの予防効果が特に高いと
されています

リンゴ

リンゴは1日1/2を目安に摂取してください
りんごは水分を多く含むのでジュースには最適です。
甘味もあり他の食材と調和がとれる食材です。
最近では夏でもスーパーにはリンゴが並んでいて年間を通して
手に入る食材です

リンゴに含まれるペクチンが腸の緊張を和らげ腸内環境を整えるため
リンゴは消化器系のがんに有効とされています