がんに効く!にんじんジュースの作り方 ガン予防・癌治療のためにニンジンジュースを始めたい方

ガンを経験し食生活・生活習慣までを見直しました。にんじんジュースは癌の予防と癌治療の一環として医療の現場でも推進されています。人参ジュースを作るにはスロージューサーが一番効率的に癌に効く成分を人参から取り出す事ができます。なぜスロージューサーでどんな活用方法があるのかレシピを公開したいと思います

にんじん嫌いの人でも飲めるにんじんジュース

にんじんが嫌いな人多いですよね。何で人参がきらいか?

人参には独特の甘みを帯びた匂いがあります。生であれば生臭いです。ジュースにしてもやっぱり臭いはありますね。なので人参が嫌だと主張する大人も少なくありません。

ですが、人参ほど摂取して体により食材はありません。癌などの病気は勿論、ダイエットにも良いし、美肌効果も証明されている普段私たちがスーパーで気軽に変えて安い野菜はにんじん以外にはないのではしょうか?

なので是非にんじん嫌いを克服してにんじんジュースを飲めるようになってほしいので私が試したにんじん嫌いの人でも飲めるにんじんジュースを紹介します

にんじんの量を減らしジュースで割ってしまおう!

私の経験上400ミリのジュースを作るのにニンジンを2本以上入れると匂いが大きくなるので最初はにんじん半部くらいから始めてはいかがでしょうか?

f:id:poppu:20160509103625j:plain

後は「リンゴ酢」を入れると味がまろやかになるし、酢が臭いを打ち消して、まるで人参が入ってないかのような錯覚になります。リンゴ酢オススメです

にんじんの見た目がイヤだという人は

にんじんをジュースに入れるとどうしても「オレンジ色」になります。人参の見た目そのものがイヤという人はとにかく野菜を多く入れるといいですね。特に緑のものは色が強いです。緑を多く入れると色は黄土色になるので見た目があまりよくないので、見た目気にする人は紫キャベツが一番いいですね。ブドウとか・・紫系は主張が結構強いです

紫キャベツ

あとはヨーグルト入れると黄色になってキレイですよ。

にんじんジュースにヨーグルトを入れる